テストエンジニアのきついところは?つまらない?

初心者

今回はテストエンジニアのきついところは?つまらないの?
テストエンジニアの厳しいところを紹介するよ。

はじめに

テストエンジニアといっても会社によって定義は様々です。

本サイトでは以下のように定義しています。

テスト活動を主に行うエンジニア。
テスト計画、テスト設計、テスト実施、テスト終了作業を主に担当する。
また、そのテスト活動の推進を行う。

業務の詳細は以下をご覧ください。

テストエンジニアはきつい?

テストエンジニアはきつい業務なのでしょうか?

一般的にきついと言われる所以を見てみます。

作業遅延のしわ寄せがくる

テスト活動は最下流での作業になることも多い業務です。

そのため、納期/スケジュールを調整できない場合、上流工程の作業遅延が下流であるテストフェーズにしわ寄せが来ることも多いです。

そうなると必然と残業が多くなります。
担当アプリ、業界によっては休日出勤を行う場合も。

今ではいい思い出ですが、筆者も昔は残業100Hとかは平気でありました。

自社サービスだとはあまりないかもしれませんが、第三者検証会社とかだと配属先によっては高稼働になることは十分あり得ます。

会社によっては、個人のスキルが高い人だと上流から関わることで一定調整が出来るようになりますが、全体でみると一握りのケースといって良いでしょう。

成果が見づらい

テストエンジニアの成果はなんでしょう。

不具合が世の中にでないことでしょうか?
テスト時に見つけた不具合数でしょうか?

会社にとっての成果は「売上」です。

その重要な会社の売り上げに貢献したと言いづらいのがテストエンジニアとも言えます。

仮にまったく不具合が出なかったらどうでしょう?
それはテストエンジニアの成果なのでしょうか?

もちろん、決まったテストを行い、正しく品質保証しているとは思います。
しかし、それを経営者や会社にアピールするのは思っている以上に大変です。

成果が見づらいというのは、実際に自分の評価に直結します

自分の成果を正しく理解し、どのように会社に貢献しているのか?

ここをしっかりと言語化する必要があります。

テストエンジニアはつまらない?

同じテストの繰り返し

テスターと少し重なる部分はありますが、現場によっては「同じテストの繰り返し」のテスト業務を求められることもあります。
そういった環境だと、同じ作業を繰り返し行うことが苦手な人にとってはつまらない作業となるでしょう。

同じテストばかりだと、エンジニアとしてのスキルアップを見込むことも難しくなり、当然それはお給料にも反映されます。

そのテストはなんのためにやっているのか?
もっと効率的にできる作業はないのか?

繰り返しの作業でも、そういった思考をもって業務を行うことが大切になってきます。

ある一定までいくと、管理業務が発生する

会社によっては、テストだけを行う、テスト担当者所謂テスターを雇っているケースもあります。

その場合、テストケースを作成するのがテストエンジニアの業務となり、そのケースをテスト担当者に渡して実施をして貰います。

テストによっては、手順が複雑な項目があったり、テスターはアルバイトやパートの人も多いため、実施方法や任せるテストを考える作業も発生します。

実施中もテスト担当者からの質問が発生したり、テスト進捗を管理したりと、管理業務のような作業も発生してきます。

エンジニアとして「スキルを極めたい」と思っている人にとっては、そういう環境は望ましくないでしょう。

テスト担当者と、自分より上の人達との「中間の立場」も精神的な負担になることも多いです。

しかしながら、テストエンジニアが評価される状態、さらにその上にキャリアアップしていくためには、ある程度のテスト活動のマネジメント経験が求められるのが現状です。

おわりに

今回はテストエンジニアのネガティブな部分を紹介しました。

当然現場によって環境は様々なので、これ以上にもあると思いますし、まったく当てはまらない所もあると思います。

筆者も今回紹介した内容は経験済みですが、今では楽しくテスト業界、品質保証の業界で業務を行っています。

もし現在の作業に悩んでいる場合には、参考となるアドバイスが出来ると思います。

ご気軽に相談ください。

タイトルとURLをコピーしました