こんなQAは嫌だ! ~人騒がせなQA~

QA

今回は「こういうQA活動にならないように気を付けよう!」という話をするよ!

はじめに

本記事は以下サイトを参考に記載しています。
興味ある方は是非原文を読んでみて下さい!

How to Deal with Difficult People on Software Projects
Software is easy. People are hard.

人騒がせなテスター

テスト開始直後バグだらけ…。
そんな時には「もうリリース不可な品質です!」と叫びたい気持ちもわかります。

しかしながら、そういった時こそ一度冷静になりましょう。

ソフトウェアテストの7原則に欠陥の偏在というのものがあります。

テスト業務を行っている方であれば実感することも多いのではないでしょうか。
基本的にバグというのは均等に存在しているのではなく、偏って存在しています。

声大きく誤った情報を流してしまうと、それは人騒がせなテスターとなってしまいます。

たまたま見た機能がバグだらけだった

たまたま担当した機能がバグだらけだったらどうでしょう。

その担当者は「このサービスの品質は悪い」となるの頷けます。

しかしながら、バグというのは偏って存在するもの。

一部的なテストでその判断をするのは早計です。

落ち着いてバグ報告

偏って存在するものだからこそ、バグだらけだからといってすぐに「サービスの品質がNG」と決めつけるのはよくありません。

当然、スケジュール感などによってここの温度感は変わります。

情報のエスカレーションを正しくするためにも、バグの性質を理解した上で判断した品質を報告するようにしましょう。

人騒がせにはなりたくない

テスト業務という下流工程でやることの多いこともあり、焦ってしまうことはわかります。

逼迫している状況だとなおさらですよね。

しかしながら、その報告が人騒がせになってはいけません。

品質を守る業種である以上、自分の報告する情報の品質も意識しましょう。

それは本当に重大な不具合なのか?
今すぐに報告して上を巻き込んで対応する状況なのか?

今一度自分で考える癖はつけましょう。

もちろん、タイミングによってはスピードが大事な時もあります。
しかしながら、誤った情報で対応方針が違うものになってしまっては逆にスピードが落ちてしまいます。

おわりに

テストフェーズに入っているということはスケジュールも終わりに近づいている証拠です。

そのため、上の人達も「今ここで何かあったらまずい」と考えることも多いでしょう。

もちろん、何かあってもリカバーできるほど余裕のあるスケジュールが理想ではあります。
が、そのような理想的なスケジュールでテストが出来ることも少数でしょう。

限られた時間でスピードが大切なフェーズだからこそ、正確な情報を正確に伝えることが重宝されます。

タイトルとURLをコピーしました